読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

つどいにつどえ

別に東武に浮気とかじゃないの。

近鉄どうでしょう 第16夜 「吉野でさくらを追う?ぼかぁ1420を追うんだよ」

鉄道くん 近鉄どうでしょう 撮影記録 水曜どうでしょう

あべの橋。つけ麺を食べました。

 

「そうだ、吉野行こう」

 

思い立ったらすぐ特急、

f:id:Mrmeron:20151118232452j:plain

おまえかぃ!

まままぁ、ちょうど乗りたかったし、見てみましょう。

f:id:Mrmeron:20151118232520j:plain

椅子は新型同様に交換されてました。

f:id:Mrmeron:20151118232550j:plain

木目調って落ち着くねえ

f:id:Mrmeron:20151118232620j:plain

ね、ちゃっかりコンセント。って見えないか、

f:id:Mrmeron:20151118232649j:plain

そしてこちら、後付けとは思えない完成度を誇る喫煙室周り。

f:id:Mrmeron:20151118232725j:plain

車椅子も楽々、大型化されたトイレ。

さすが。

f:id:Mrmeron:20151118232753j:plain

こんなのついてたっけかなぁ、

指定があるとランプが変わるの。

 

まあ、こんな中途半端リニューアル君に揺られて吉野を目指します。

f:id:Mrmeron:20151118232821j:plain

吉野の風景は柱.....はしらぁ!

f:id:Mrmeron:20151118232849j:plain

いいなぁ

いいなぁ、

f:id:Mrmeron:20151118232918j:plain

どっち見ても絶景。

f:id:Mrmeron:20151118232949j:plain

JRの線路、吉野口。

f:id:Mrmeron:20151118233021j:plain

下に川が見えてきました。

吉野川

f:id:Mrmeron:20151118233052j:plain

意外と人家が大目、かな。

前回来た時は真冬の雪の夜間だったからなあ...

f:id:Mrmeron:20151118233119j:plain

むだ、むだです。

なんかあざ笑われているような、

f:id:Mrmeron:20151118233147j:plain

そして、絶景がこちら、吉野川を渡るポイント。

今日の撮影地はここにしますかな、

ですが、

f:id:Mrmeron:20151118233220j:plain

とりあえず終点まで、

f:id:Mrmeron:20151118233300j:plain

閑散期、人気無しです。

春はすごいんだろうな、

f:id:Mrmeron:20151118233336j:plain

若干の秘境感が漂います。

f:id:Mrmeron:20151118233425j:plain

ほら、ね。

f:id:Mrmeron:20151118233502j:plain

そんな吉野駅、秘境とは思えない立派な駅。

別に秘境じゃないもん、

人が少ないだけだもん、

f:id:Mrmeron:20151118233533j:plain

ノスタルジックか、なんだろうこの、すうと抜けるこの爽やかさ、

爽やかなのとはまた違うか、ぷんと漂う独特の香り、

f:id:Mrmeron:20151118233604j:plain

時期になるときっとたくさんの人で、溢れかえるんだろうな、

f:id:Mrmeron:20151118233635j:plain

乗ってきた彼は、交換されたLEDを半目だけ開けて走っていきました。

私も後を追いますか、

f:id:Mrmeron:20151118233706j:plain

となりの駅、吉野神宮

f:id:Mrmeron:20151118233739j:plain

ここもまた、のんびりとした駅。

f:id:Mrmeron:20151118233812j:plain

この線路の先、目指す場所。

 

川に向かって坂を下りると、現れました。

f:id:Mrmeron:20151118233919j:plain

なにやら特徴的な橋、吉野川をまたぐ吉野川橋梁。

f:id:Mrmeron:20151118233953j:plain

真下は木材がたくさん。

f:id:Mrmeron:20151118233848j:plain

来ました、これです、

見たかったの、

撮りたかったの、

あいにくの天気だけども、

いいの、目の前で広がってくれれば。

f:id:Mrmeron:20151118234025j:plain

しかし、見れば見るほど面白い橋です、

f:id:Mrmeron:20151118234058j:plain

下に降りれないかな、うろうろしていると折り返し、来ちゃいました。

f:id:Mrmeron:20151118234125j:plain

川岸には降りれないのかな、ロープが張ってありました。

まあ、いいです、撮れれば。

f:id:Mrmeron:20151118234158j:plain

きゃ!

さくら!

f:id:Mrmeron:20151118234225j:plain

こっちの方がいいな、

急いで戻りました、

f:id:Mrmeron:20151118234255j:plain

ぐいと曲がる、その先に駅。

吉野線はこんなのが多いのかな、

f:id:Mrmeron:20151118234330j:plain

ここは恐ろしいほど本数がありません。

つまり、数撮れないということでして、

f:id:Mrmeron:20151118234358j:plain

雨も降りそうです、

来れただけでよかった、

次は川面から、狙えるといいな。

f:id:Mrmeron:20151118234425j:plain

そんな事を思いながら、

 

そう、

また来れるといいな、

そんな事を思いながら。

 

f:id:Mrmeron:20151118234456j:plain

しかし不思議な町です。

f:id:Mrmeron:20151118234527j:plain

ひっそりと、でも工場がにぎやかで、

f:id:Mrmeron:20151118234601j:plain

奥深そうです、

ちょっとしか居られませんでした。

時間には勝てません。

f:id:Mrmeron:20151118234636j:plain

下りてきた坂を上り、

f:id:Mrmeron:20151118234705j:plain

これまた豪華な、駅舎だけ.....

来る車両は、いつものです。

いつもの電車で、いつもの駅に戻ります。

 

そしたら、いつの間にか、

f:id:Mrmeron:20151118234733j:plain

彼に出会いました。

「鮮魚」

せーんぎょ、せーんぎょ。

f:id:Mrmeron:20151118234800j:plain

魚商人が、ちらちら乗っています。

ちらちら、と。

多くは無いですが、少なからず、

商人の足、ですね。

 

ふと、そんな事を思っていた矢先でした。

あからさまにけたましい音を立てて走る電車が、

 

追いかけたら、

f:id:Mrmeron:20151118234834j:plain

1420系でした。しかも逆組成、つまり、

久々の前パン!(忘れてた

 

f:id:Mrmeron:20151118234903j:plain

VVVFなの、でも車体はちょっと違うんです、

仕方ないの、先駆者だから。

f:id:Mrmeron:20151118234929j:plain

「1500V鉄道線」、つまり我々が普段乗る電車大体がこれ。

そんな中、初めて編成として、VVVFという当時謎の機械を積んだ車両。

つまり、ここから、日本の、VVVFインバーター制御が始まった、

過言ではございません。

f:id:Mrmeron:20151118234956j:plain

そんなちょっぴり異端な彼、

出会えるとラッキーなものですが、意外とあっさり会えたりします。

f:id:Mrmeron:20151118235023j:plain

似通っていても、中身が違う、

f:id:Mrmeron:20151118235055j:plain

そうするとなぜかかっこよく見えてしまう。

f:id:Mrmeron:20151118235126j:plain

追いかけてしまう、

そんなもんなのです。

 

f:id:Mrmeron:20151118235154j:plain毎日見てます。今日も1発いただきました。

彼も、追いかけられてます。

f:id:Mrmeron:20151118235221j:plain

1420....じゃなかったね、びっくりした。

f:id:Mrmeron:20151118235255j:plain

君もよく見るね、

今日もいい色だ、

 

さ、あと2日です、やっと終盤、

何ヶ月かけてるんだぉ。