つどいにつどえ

どこか、遠く。

近鉄どうでしょう 第12夜 「名張から赤目口まで川を渡って徒歩で回ってねえだろ」

カブで回ってねえだろぉと、言うわけですけれどもね、

のんびり徒歩で回りましょうと。

 

 

名張とな、どこそこと、言われそうなので解説しましょう。

三重県です。ハイ終わり。んなアホな、

f:id:Mrmeron:20151026210830j:plain

名張川というのがあるらしい、景色がいいかな、

名張駅から歩いてきましたよ。

f:id:Mrmeron:20151026210855j:plain

しかしどうでしょう、だいぶ曇ってます。

f:id:Mrmeron:20151026210921j:plain

いや、でもでも、

眼下はなんともいい風景。

f:id:Mrmeron:20151026210942j:plain

ほら、晴れれば、ね、

でしょう?

でしょう?

f:id:Mrmeron:20151026211002j:plain

太陽さんは今日も気まぐれ、

電車も気まぐれ、

f:id:Mrmeron:20151026211022j:plain

あんまり長い編成は入りませんね。

4両がすっぽりってところでしょうか、

6両という長い編成だと....6両が果たして長いのか短いのかもう分かりませんが、

ね。

f:id:Mrmeron:20151026211043j:plain

それにしても分厚き雲の塊、

私の曇男のおかげで中々しっくりこないの、

f:id:Mrmeron:20151026211102j:plain

ならばと、

橋をくぐって反対側に来てみました。

どうでしょう、こっちの方がいい感じか、

f:id:Mrmeron:20151026211127j:plain

こちら側、どうやら光が当たるようで、

ボケーっとしてますが悪なきかな。

f:id:Mrmeron:20151026211147j:plain

今日もこの塗装、今回はよく目にします。

しまかぜ同様狙い撃ちです。

どぉぉん!

 

f:id:Mrmeron:20151026211206j:plain

こちらだと6両がすっぽり。

ぶんぶん、

f:id:Mrmeron:20151026211230j:plain

3+3という見れたらラッキーな編成でごじゃります、

名古屋線ではほぼ見れないでしょうか、

見れないでしょうねえ、見れるんでしょうか。

f:id:Mrmeron:20151026211253j:plain

二階建てがでかでかと、蜂の色に白い塗装がいいアクセントなの。

f:id:Mrmeron:20151026211317j:plain

きらっ、っておまえかぁい!

 いやぁ可愛いなあ

f:id:Mrmeron:20151026211341j:plain

名古屋線の急行とは少し性質が違う大阪線

4ドア率がかなり高め、さらにロングシート率も高め、

やはり、大都会大阪の中心地まで赴くからでしょうか。

 

 

物足りないと言うのではないのですが、ちょっと歩きたくなりました。

というわけで、お隣の赤目口駅までお散歩です。

f:id:Mrmeron:20151027220627j:plain

ぐうと、弧を描くのが伝わってきますね、

稲刈り、終わっているようです。

f:id:Mrmeron:20151027220844j:plain

歩きまわる、綺麗なお花、

贅沢です、

f:id:Mrmeron:20151027220726j:plain

キャー連結ゥゥゥゥゥ

なんでもいいからカメラを向ける、うれしーのようなビデカム男の癖です。

f:id:Mrmeron:20151027220758j:plain

おいおいこんな大雑把な駐車場あるかいな、

広いねえ、

f:id:Mrmeron:20151027220910j:plain

盛土でぐっと、撮りやすいのかと思えばなんだ、

チャリンコメインじゃないのよ

f:id:Mrmeron:20151027220701j:plain

撮れそうな場所見つけました。上り坂、下り坂、

時々通る車が面白いです。うぃっしゅしてくれました、

なんともノリのいい車だ、

f:id:Mrmeron:20151027220722j:plain

晴れてればもっと綺麗でしょう、曇りでも綺麗でしょう、

全部綺麗でしょう。

f:id:Mrmeron:20151027221120j:plain

わき道をのんびり散歩してたら白い電車が来ました、

となりには白いカブがいました。

白白しいなあ、

f:id:Mrmeron:20151027221144j:plain

いつの間にか農道になりました、

のんびりとした時間をさらにのんびりさせる景色。

歩く速度もカメより遅し、カメラを持ちながら。

だじゃれです。

f:id:Mrmeron:20151027221206j:plain

ほら、絶景でしょう、

このへん、みんな絶景です。

酔わない絶景です。

f:id:Mrmeron:20151027221229j:plain

上り下りが続き、開けた場所に出ました。

f:id:Mrmeron:20151027221253j:plain

ほらね、

って、あれ、柱が、

f:id:Mrmeron:20151027221314j:plain

どこ撮っても絶景ってもう、

うれしいなあ、

ね、でしょう。

f:id:Mrmeron:20151027221547j:plain

線路を右に見たり左に見たり、

うね、うねと歩くのです、

f:id:Mrmeron:20151027221631j:plain

稲刈り終わってますねえ

なんとも哀愁があるといいますか、なんといいますか、

f:id:Mrmeron:20151027221653j:plain

赤々しい花を見つけました。

f:id:Mrmeron:20151027221717j:plain

まんじゅしゃげ、

彼岸花といわれればああ、なるほどと、

見ていて面白い花、歩きます。

f:id:Mrmeron:20151027221607j:plain

電車が下るいい景色を見つけました。

でもなぁ、雲がもうもくんもくんとすごい勢いで、

f:id:Mrmeron:20151027221742j:plain

ホラもう空が、白くなっちゃってもう白い電車が勝てないもの、

f:id:Mrmeron:20151027221806j:plain

なにか来ないかな、待っていると

f:id:Mrmeron:20151027221830j:plain

あっ。そうかそんな時間だったか、

不本意にも捕獲です。というのも、

f:id:Mrmeron:20151027221855j:plain

あやうく彼にまる被りされる所でしたので、

不本意。でも実際は本意。

だってかっこいいんだもん。

f:id:Mrmeron:20151027221943j:plain

どこまで歩くのでしょう、駅はまだまだ先の先。

たのしい、おさんぽ、

f:id:Mrmeron:20151027222010j:plain

踏切を渡ります、もっと開けました、

f:id:Mrmeron:20151027222035j:plain

手前にはキャベツの畑、

奥には聳え立つ山々。

f:id:Mrmeron:20151027222056j:plain

ちょびんと流れる小川、ぽつりぽつり、ちらと見える赤い花、

f:id:Mrmeron:20151027222119j:plain

本数ゆえ、待てど暮らせど電車なんか来ませんよ、

のんびり。

 

3分に1本とか、もう疲れました。

 

f:id:Mrmeron:20151027222140j:plain

電車がひょいと登りはじめました。そこには赤目口、

でもまだ先みたい。

f:id:Mrmeron:20151027222159j:plain

ほら、あんたどきなさいよ、

と言わんばかりに。

f:id:Mrmeron:20151027222224j:plain

静かな畑沿いに響く、重く軽々しいその音は左から右に、右から左にと、

立体的な、そんな音、

f:id:Mrmeron:20151027222243j:plain

やってきた、あの色。いい色。

 

さてもう駅かな、楽しかった。

名張を発って歩いて数時間、最後は1駅乗れば数分でたどり着きました。

そこから四日市までは疲れたな、いいか特急で、と言わんばかりに特急券を買っていましたとさ。財布の紐なんてありません。

 

さて、4日目が終わりましたかな、私ももう記憶が持ちません。

そんな中、次回は番外編と相成ります。

というのも、「あれ」に参加するためです。

あれとはなんだろう、ご期待下さい(する人いるのかなぁ