つどいにつどえ

どこか、遠く。

里帰り(仮)第2夜 ナローと共に伊勢へ参るのだ!

タイトルは「里帰り(仮)」ですねこりゃ。

朝っぱらホテルの朝食をたらふく食べた後、さて行きますかと。

f:id:Mrmeron:20150222213659j:plain

初っ端からドきついラッピング車両。名泗コンサルタントのラッピングですね。

f:id:Mrmeron:20150222213717j:plain

1253系に御乗車。え?1253系で合ってるのかってかい?

合ってるさ!1230系列日立製GTO-VVVFインバータ装置搭載のSIV交換、ボルスタレス台車+路面清掃装置を履く車両です。VC53なのでトップナンバーです。はいそこワケわかんないとか言わないの

f:id:Mrmeron:20150222214659j:plain

四日市までお世話になった後はコイツに乗っちゃいます!もう間も無く新会社「四日市あすなろう鉄道」に移管される近鉄内部・八王子線です。

軌間762mmの小さな鉄道です。吊り掛けが唸る日本でももう数少ない鉄道です。

f:id:Mrmeron:20150222214721j:plain

どうじゃ終点の内部駅じゃぞ。近鉄マークもそろそろ無くなるんですね.....仕方ないこととはいえまあバスにならないだけ良かったという感じでしょうか。

f:id:Mrmeron:20150222214729j:plain

ここで働く車両はカラフルなパステルカラーの電車です。おや、ダブってますね。私も初めて見ました.....ここに来ると見るのは3色バラバラですから。

f:id:Mrmeron:20150222214734j:plain

電動車単独でちょこんと停まっておりました。可愛いですね。ちっちゃいでしょ。

独特のサウンドを楽しみながら駅のスタンプを押してもらい....今さらっと言いましたけど、

http://www.kintetsu.co.jp/all_news/news_info/sangikintetsunarrowstanp2.pdf

↑PDFなんで見ていただくと分かりますが、要は三重にあるもう1つのナロー鉄道「三岐鉄道北勢線」とのコラボ企画で、スタンプを集めると景品がもらえるってことです。というわけで、

f:id:Mrmeron:20150222221457j:plain

ちゃっかり缶バッジ貰いました。ちっちゃくて可愛いですね。

新会社になっても頑張っていただきたいです!

f:id:Mrmeron:20150222214816j:plain

四日市から五十鈴川まで一気に飛びます!

ここからは私が友人にお伊勢さんのおかげ横丁をおみまいしてやろうと思いまして.....さてバスを待ってたらですね、ここのタクシーの運ちゃんは優しいです。「内宮まで1人200円でどうだ?」と言ってくださって。ビックリしちゃったけど飛びついちゃいましたw.....いやぁ古めかしい車で、しかもマニュアル車で、ガンガン吹かして飛ばしてくれました!ワイルドで優しいおっちゃんでした。ありがとう。タクシー200円なんて有り得ないよ!!運ちゃんありがとう!!!

f:id:Mrmeron:20150222214837j:plain

毎回来てますがやはり新鮮です。お参りは.....いつか厳粛にしっかりとやろうっと。大人になったらのお楽しみということで

f:id:Mrmeron:20150222214901j:plain

さ、いつもの。

赤福本店です。

f:id:Mrmeron:20150222214907j:plain

びしっと赤福をおみまいしてやりますた!

f:id:Mrmeron:20150222214911j:plain

綺麗ですよねー美しい....空気が美味しいです。

f:id:Mrmeron:20150222214924j:plain

さあ「福助」にやってまいりました!お店の中には福助人形も鎮座してます。私の「福助」の名はこっから来てます。まあ水曜どうでしょうのアレってのもありますがw

f:id:Mrmeron:20150222214916j:plain

伊勢うどん。カメラは何を撮っているんでしょうか.....


それっぽく伊勢うどんを頂く【それだけ】 - YouTube

どういうことでしょうかこれはw

どうでしょうかこれw

f:id:Mrmeron:20150222214943j:plain

色々堪能した後は私も初めて行くお店。五十鈴茶屋です。

f:id:Mrmeron:20150222214935j:plain

お抹茶です!どうじゃ!俺だってビックリしたさ....だって急にいい雰囲気のお座敷に案内されたんだもの!でも美味しかったさ!また行きたいです。

 

さ、友人にバキっと美味い物をおみまいした後、とある場所に向かうために五十鈴川に戻りますぞぉ