つどいにつどえ

どこか、遠く。

名古屋の地下を走る~鶴舞線~

さ、今回は東京メトロ東西線もといちゅるまいせん(爆死

....鶴舞線です。総武線各駅停車と直通上小田井から赤池を結ぶあの鶴舞線です。決して色が似てるからって東西線を思い出さないでください。東西線赤い電車はいませんカラー!!!

 

ってのはいいとして、早速どんな路線かというと、名鉄と乗り入れを行う「珍しい」形態の路線です。え?何が珍しいかって?まあそう焦るなってそこのスズムシ(蹴

鶴舞線上小田井駅から名鉄犬山線が、赤池からは豊田線、直通先に三河線、という乗り入れ会社は同じでも路線が違うというすごい路線です。そもそも両方の先端にまで同じ会社の路線があること自体珍しいのですが....w

鶴舞線で働く車両はなかなかバリエーションがあるのです。


鶴舞線に赤い名鉄【それだけ】 - YouTube

地下鉄に真っ赤な車両、名鉄100系と200系が乗り入れてます。....違和感(爆


鶴舞線の鶴舞駅を発車する3050形と3000形【それだけ】 - YouTube

 開業当初から走っている3000形、上小田井まで延伸したときに製造された3050形、そして最新鋭のN3000形があります。

そんな中でも3050形のとある編成は3000形の車両をはさんでいたり、N3000形の第1編成だけはアルミ車体で他はステンレス車体だったりするなど、よくみると面白い路線です。

 

鶴舞線の歴史は古く、なんと全通まで80年以上掛けていたりします。また、鶴舞線規格にあわせて名鉄が車体規格の変更した車両を投入するなど、複雑な歴史が絡み合って鶴舞線は成り立っております。是非興味のある方は紐解いてみてください。

 

さて次回は....あれ。