つどいにつどえ

居場所とは...

東武イズム 予告編 ~紛れも無く、アイツ~ 

一体これは何のネタばらしですか

 

そう。

それは、

すっかり年も明けた2月某日の事。

 

陽も落ちかけた夕刻、ふらり現れた。

 

ただの特急....いや違う(・・?!

 

....いや、紛れも....奴ッ( ゚Д゚)!!!

f:id:Mrmeron:20170212215949j:plain

 

お.....お前はァッ....Σ(゚□゚;)

 

 

(2月のネタなんていつ消化できるのか...)

送別?邂逅?京成3500

未更新と呼ばれる古めかしい板。

f:id:Mrmeron:20170209220242j:plain

角型の厳つい出で立ち。

f:id:Mrmeron:20170209220316j:plain

端から端まで波打つ車体。

f:id:Mrmeron:20170209220458j:plain

褪せた銀色が物語る、

f:id:Mrmeron:20170209220305j:plain

その生き様。

f:id:Mrmeron:20170209220255j:plain

懐かしさが戻ってくる。

f:id:Mrmeron:20170209220308j:plain

この4文字。

f:id:Mrmeron:20170209220303j:plain

けいせい。

f:id:Mrmeron:20170209220504j:plain

君の名は。

って、なにこの誘導。

f:id:Mrmeron:20170209220249j:plain

3500形。

未更新と呼ばれる旧式の車両。

f:id:Mrmeron:20170209220244j:plain

前面の板、板。いた!

が言わずともしれた特徴。

 

どうやら引退らしい。

思い返すためにも少しだけ、見ておくことにしたのです。

 

 

f:id:Mrmeron:20170209221310j:plain

そうだ、まともに撮ったことがありませんでしたね。

f:id:Mrmeron:20170209221346j:plain

まだ小さい頃でしたか、

f:id:Mrmeron:20170209221407j:plain

親と、祖母と一緒に乗っていた記憶があります。

f:id:Mrmeron:20170209221431j:plain

同じく金町線にいた3300と、こいつ。

f:id:Mrmeron:20170209221453j:plain

よく乗っていた覚えはあるのですが、記録がありません。

頼るべきは、懐かしさの残る記憶だけ。

f:id:Mrmeron:20170209221524j:plain

当時から、ぼろっちいなっとは思っていましたけど、

f:id:Mrmeron:20170209221550j:plain

貴重な車両たちだったんですよね。

f:id:Mrmeron:20170209221620j:plain

高砂も、その頃はまだこんな駆け上がる高架がなく、4番線だったかに、ずっと止まっていましたね。

f:id:Mrmeron:20170209221648j:plain

板の普通、かすれちゃってますね。すっかり。

f:id:Mrmeron:20170209221711j:plain

それだけ掲げて走ってきたという事なのでしょうね。

f:id:Mrmeron:20170209221732j:plain

奥に見える柴又ではよく並んでいましたね。

f:id:Mrmeron:20170209221822j:plain

この顔の違いでも、同じ型式。

左の方が更新車と呼ばれるのですが、年齢的に言うと更新車の方が上なんですよね。

f:id:Mrmeron:20170209221846j:plain

何というか、不遇というか、運命というか。

f:id:Mrmeron:20170209221912j:plain

4両で下町という下町を走る、

小ぢまんまりしてて、これはこれで好みです。

f:id:Mrmeron:20170209221931j:plain

f:id:Mrmeron:20170209221958j:plain

くるくる、

幕が回ります。

f:id:Mrmeron:20170209222020j:plain

f:id:Mrmeron:20170209222042j:plain

あと何回廻せるのでしょうか。

f:id:Mrmeron:20170209222105j:plain

高砂、柴又、金町。

たった3駅を結ぶ、

f:id:Mrmeron:20170209222128j:plain

それが、

京成金町線

f:id:Mrmeron:20170209222154j:plain

閑静とした住宅街を、

f:id:Mrmeron:20170209222218j:plain

最後まで走るのです。

いつもの通り、ね。

近鉄イズム 第36夜 ~伝説へ、八木チャレ~

引っ張りまくったきんてつ鉄道まつりの記事。

やっと完結させる気になりましたので、

終わらせましょ。

 

 

おじさんは、うどんを食べずにまだ大和八木で頑張っているようです。

f:id:Mrmeron:20170109224841j:plain

脇に三脚をお邪魔して、超時間露光にチャレンジ。

f:id:Mrmeron:20170109224906j:plain

0.5~1秒ほど開けるので、わずかなブレも禁物。

f:id:Mrmeron:20170109224933j:plain

動く人、車掌。

f:id:Mrmeron:20170109224958j:plain

そう。

ここでやっと超時間露光を覚えたのです。

そして、伝説へ。

 

f:id:Mrmeron:20170109225019j:plain

しま!

めttっちゃ綺麗に撮れるやん!

感動の瞬間で御座います。

感激の瞬間で御座います。

 

 

f:id:Mrmeron:20170109225039j:plain

アヒル顔というか、ハクチョウというか、

どことないブラックフェイス。

 

f:id:Mrmeron:20170109225100j:plain

椅子は固め。

最近どうしてるんだろう。

 

f:id:Mrmeron:20170109225123j:plain

スナックビスタ。

これを編成美という。

数ある組み合わせの中で、これが一番美しいと思うのです。

他もいいけどね。

 

f:id:Mrmeron:20170109225143j:plain

鮮明に橙が輝きます。

そして引き締める紺の帯。

四十路とは思えぬ輝きです。

f:id:Mrmeron:20170109225204j:plain

でも、一番見たいのがこの子!!

キタぁぁぁぁぁぁぁ☆ミ!!!

スズメバチぃ!

この頃もうすでに新塗装が幅を利かせていまして、

今では滅茶苦茶希少価値であります。

感動したでございます。

 

f:id:Mrmeron:20170109225230j:plain

大阪線のこのカラー、合うんだか会わないんだか。

f:id:Mrmeron:20170109225250j:plain

S字

じわじわきます。

f:id:Mrmeron:20170109225315j:plain

6両がすっぽり収まりました。

f:id:Mrmeron:20170109225335j:plain

1422系ですね。

トップナンバーです。

f:id:Mrmeron:20170109225356j:plain

魅惑の白たまご。

夢の白たまご。超特急の白たまご。

f:id:Mrmeron:20170109225424j:plain

の、横にスズメバチ!!!

美しいお顔です。

美しい色合いです。

f:id:Mrmeron:20170109225500j:plain

にしても、幕が写りません。

ハレーションというか、飛んでしまいますね。

工夫すればもう少し上手に撮れるんでしょうけど...

f:id:Mrmeron:20170109225540j:plain

ACEもすっかりリニューアルが進んでいます。

わんさかいたボヘッとした顔もお色直しが進みそうです。

f:id:Mrmeron:20170109225615j:plain

おや、ちらっとおいでませ。

っておまえかい。

f:id:Mrmeron:20170109225636j:plain

40過ぎても、50近くても、

近鉄はピンっピンしてます

 

さて、そろそろ帰りましょうか。寒いですし。

次の特急来たら電車乗ろう。

 

でも、どうしても心残りがありました。

スズメバチ今回ちゃんと撮れませんでした。

出会ったのは新塗装で白ムースになったやつばかり。

新塗装になって初めて分かる。スズメバチのありがたみ。可愛さ。

もっとちゃんと撮っておけばよかった。

いつもの事なんですよね。

無くなってから気付く。

 

せめて最後に来てくれないかな、なんて。

 

そしてラスト1本。

現れ、やってくる瞬間、目を疑いました。

f:id:Mrmeron:20170109225658j:plain

言葉にできない、感動、感激、何といえばいいのか、

こみ上げるもの。嬉しかった。

何だろね、願い通じたのかや?

来てくれた、のですね。嗚呼、ありがたやありがたや。

最後まで、見つめておりました。

 

で、ここになるわけです。

かっこいいでしょう。

 

これね、その人じゃないとわからないのよね。

分かってもらうって、大変だと思う。

 

 

そして最近ね、うまく文にできないんです。

 

ネタが尽きたのかな。

それともまだまだ書き不足?

 

まだまだ、精進せねば。

 

 

どうあれ、散々引っ張った近鉄ism、

やっと終われますね。

 

ええ、でもまだこれで終わりじゃないんですけども(;^_^A

十代最後の日・二十代最初の日

え、アンタオッサンなのに10代だったの⁉

え、おじさん10代だったの?

 

ええ、そうらしいんですよ。

私だって詳しく覚えてないのにですね、

 

暦の上で、2017年2月3日。

この記事を書いている福助っておじさんは二十歳になるそうなんです。

 

眠気を抑え、わざわざ閉じた、それもFlashplayerがクラッシュしまくりのPCを再起動させてまで書いてるんですから、大事なんじゃないですか?

 

だ、そうですが。

 

当の本人からしてみればただの平日です。

お仕事です。

盛り上がる必要もないわけで。

 

20歳....はあ、そうですか、と。

 

2/3といえば、

あ、そうそう。節分ってやつですね。

恵方巻ってのはよく食べてますよ。ええ。

だからね、昔の話ですけど、おたんじょーびけーき!なんてのと、恵方巻とね、さらに撒くんだとか言って豆を撒き食い散らかした、なんて話もあるんですね。

こんな鬱陶しいセット、今じゃあ蹴り飛ばしちゃいますねえ。

 

傍から見れば20とは特別扱いされるそうですね。

お酒が飲める、煙草が吸える、大人な場所、店、いろんなことができる。

未だ。未成年から、末がはずされて、晴れて。

成る、人。になるわけです。

 

そう。20年経った。大人になった。

20年生きてきた、その感謝を、

支えてくれた人、モノ、すべて。

綴らなくてはいけないそうですが.....

 

ええ、しませんよそんなの。

そんなことしてたら会社遅れちゃうでしょー。

ね?

 

そんな大々的に言うもんでもないですしね、

執り行うものでもないんですよ。きっとね。

ありがちなね、成人になった子が親に泣きじゃくりながら言う感謝台詞なんてねえ、

んもー、湿気がすごいじゃないですか。ぬるい(´・ω・`)

 

ええ。

いっつも感謝してますよ。

悪かったね素直じゃなくて。

 

 

さ、仕事ですからね。

寝ましょうか。

 

そうそう、お誕生日おめでとうございまーす!

といったありがたいお言葉は不要で御座いますので。

 

 

さーて、こんなこと言ったら嫌われちゃうなー(ゲス顔

親の気持ちを踏みにじるのか!とか、

少しは他人のこと考えろ!とか、

 

じゃ、もう少し、考えときますね(棒

そうね。

20かあ。

まあまあ、10代とほどほどに付き合っていきましょう。

 

お話はまだまだ終わりませんしね。

 

ま、こういう性格が自分をダメにしてるんだろうなと、首を絞めてるんだろうなというのは重々承知の上...